INTELIGENT PILOT

FEATUREインテリジェントパイロットの特徴

YOUR PREDICTIONFEATURE 01

場所やリアルタイムな状況、
運転傾向まで含めて
ドライバーごとに事故リスクを予測

走行している場所、天気や時間、ドライバーの運転傾向により、発生する事故の種類やリスクは異なるため、状況によって注意しなければならない事象は変化します。

インテリジェントパイロットは、過去実際に事故が発生した地点データとデジタル地図データを紐付けた機械学習を用いて全国の道路から事故が発生しやすい場所を分析、さらに天気などリアルタイムの状況やひとりひとりの運転傾向を考慮し、ドライバーごとに事故のリスクを予測します。

リアルタイムな状況
場所
ドライバーの運転傾向
リアルタイムな状況
  • 時間
  • 天気
場所
  • デジタル地図データ
  • プローブデータ
  • 事故発生地点データ
ドライバーの運転傾向
  • 現在の走行速度
  • 加速度データ
  • 地図データを活用した運転傾向※2019年春以降

YOUR ASSISTFEATURE 02

予測された事故リスクをもとに
必要なときのみ警告を行うことで、
慣れを防止

乗車時はこれからの運転で気を付けるべきポイントを、運転中は事故のリスクが高いときのみ警告を行います。 事故多発地点に接近すると毎回同じ警告を行う一般的な運転支援とは異なり、 豊富なメッセージバリエーションの中からそのときに応じたメッセージを伝えることで、警告慣れを防止します。

インテリジェントパイロットユーザーのAさん

インテリジェントパイロットユーザーのBさん

他社ユーザーのCさん


YOUR SCORINGFEATURE 03

ドライバーが潜在的に持っている
事故リスクを診断

パイオニア独自の運転スコアリングでは、これまで一般的であった「急ブレーキ」、「急ハンドル」、「急アクセル」などの挙動回数に加え、デジタル地図と位置情報を活用し、“その道路に適した運転ができているか”を分析することでドライバーの習慣化した危険な運転行動を診断することが可能になります。

通行禁止違反
指定場所一時不停止
速度超過
踏切不停止
通行禁止違反

名古屋大学 未来社会創造機構 武田教授監修

従来の急挙動からドライバーへの安全運転を促すのではなく、車両運転の基本である、交通違反を検知することができれば、今までカバーできていなかった、事故も防ぐことができると考えます。 ドライバーの運転習慣を把握できるスコアリングが普及することで、事故が削減されることを願っています。

【プロフィール・主要研究内容】

IEEE ITS Society BOGメンバー(理事)
人間機械協奏技術コンソーシアム(HMHSコンソーシアム)領域統括
実道路における様々なドライバーの運転行動をデータベース化し、ドライバー個々人の運転行動の特徴を分析・抽出し、運転行動のモデル化を行うとともに、その成果を活用して、ドライバーの個性に応じた個性化運転支援システムの開発を行っている。

●本サービスは、法人・団体様への販売となっております。個人のお客様へは直接の販売を行っておりません。 ●本サービスは安全運転を支援するものであり、すべての事故を防げるわけではありません。 ●本サービスの表現する全ての機能は、周囲の安全を保証するものではありません。必ず実際に目視で安全を確認しながら運転してください。 ●本サービスは車両の状況や事故の状況、天候、通信環境等により、その機能が発揮できない場合があります。 ●受信場所によりGPS衛星の電波が遮られ、受信しにくい場所、受信できない場所があります。また受信状況によっては、誤差が生じる場合があります。 ●サービスご利用にあたっての通信料はお客様負担となります。 ●掲載の仕様および外観は予告なく変更することがあります。 ●掲載の商品写真、ビジュアル等はすべて表現上のイメージです。 ●各表示内容は使用する機器により異なります。 ●各機能および仕様については一部開発中のモノが含まれており、実際と異なる場合があります。